会長挨拶

2019-20年度 
会長  本多 幸雄

2019-20年度 RI会長テーマ「ロータリーは世界をつなぐ」マーク・ダニエル・マローニーRI会長は冒頭でロータリーの礎は「つながり」ですと述べられています。また浅田豊久ガバナーは当2750地区の2019-20年度のテーマは「5000人の仲間をつなぐロータリー」とされました。私は会長に指名されましたが、若輩者で未熟者です。何か特別なことが出来るわけでもありません。しかし、私はこの東京武蔵国分寺RCが、そしてこのクラブにいる会員が大好きです。皆様ともっともっと親しくなって、楽しいクラブライフを過ごしたいです。まずは、つながりを深くしていきましょう。各委員長さん方には委員会の開催と炉辺会議の実施をお願い致します。お呼び頂ければ喜んで参加いたします。
ロータリーは奉仕と親睦が車の両輪だと言われます。クラブ会員のつながりがあれば、充実したクラブ運営ができないはずがありません。退会者の防止にもなりますし会員増強にも通じることと信じます。奉仕を通じて地域社会とつながり、より良い世界のために行動したいと願う人々との結びつきへ進んで参りたいと思います。
昨年より、クラブ戦略計画委員会がスタートしました。現在のクラブの問題点を探り例会において発表し、皆様から意見を募って3年後の我がクラブの目標を定めたいと思います。一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。


2019-20年度クラブテーマ

『クラブ会員の「つながり」から始めよう!


2019-20年度 基 本 方 針

楽しいクラブライフを過ごすために普段より笑顔で挨拶を交わしましょう。例会になかなか参加できない会員には皆で積極的に声をかけあいましょう。例会に限らず様々な集まりや企画を実施して参ります。ロータリーは総じて広報活動が苦手なような気がします。積極的にPRをしていこうと思います。例会においてはクラブフォーラム、クラブ協議会を増やして会員の発言機会を増やして耳を傾けたいと考えております。何にしてもクラブ会員のつながりを意識してやっていきますのでどうぞご協力をお願い致します。

 

 

 

ページ上部へ戻る